太陽光発電を使うことで自宅で電気が作れます

太陽光発電は自然でクリーンなエネルギー

火力発電のように電気を石油を燃焼させて作り出す際は、発電する時に二酸化炭素や窒素酸化物、硫黄酸化物などの大気汚染を起こす物質を発生させることがあります。しかし、太陽光発電は太陽光を使って電気を発電するためにクリーンなエネルギーとなっています。また、太陽光をエネルギーにしているため、太陽がなくならない限りいくらでもエネルギーを生み出すので、台風や地震など災害が起こり、停電になってしまっても電気を使うことが出来ます。

光熱費のコストを大幅に削減

昼間に太陽光を使って発電した電気は、家庭の電力として使えるため、その分の家庭の電気代は掛らなくなります。使用して余った電気を面倒な作業や手続きをしなくても電力会社に売ることが可能となっています。毎月、電力会社より売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。しかし、夜間は電気の発電が出来ないため、電力会社から電気を購入することになります。また、住宅をオール電化にすることで光熱費をより節約出来ます。

太陽光発電は設置場所を選びません

太陽光発電は、発電の効率が太陽光パネルの大きさに関係なくほぼ一定になります。設置する場所の広さに合わせて自由に太陽光パネルの大きさを決められます。発電する時に有害物質や騒音も出さないので、日射量が確保できる場所ならどこでも設置出来ます。住宅の屋根に太陽光パネルを設置すると、断熱効果がパネルを設置することで起こり、夏は涼しく冬は暖かくなるために快適に暮らすことが出来ます。日光が当たるところならどこでも電気を作るので、屋根や屋上だけでなく、壁などの側面にも設置出来ます。

太陽光発電の価格は太陽光パネルの設置枚数、パネルを設置するための架台、架台の設置費、電気配線の工事費などで変動する為、洋見積もりが必要です。

PAGE TOP