現場で活躍するフォークリフト

フォークリフトの資格を取る

大きな荷物を軽々と運ぶフォークリフトは、建設業や運送業の現場には欠かせない存在です。そのフォークリフトを運転する為には、それを運転する為の資格が必要であり、小型の分類であれば特別教育を受け、大型の分類であれば技能講習を受ける事が必要です。それぞれ受講する為の資格が異なり、操作経験がある人と無い人に分けられていて、自動車免許を持っているか持っていないかにも分けられる為、誰でも受講する事が可能な資格です。

資格を取得するメリット

フォークリフトの資格を持っていると、応募できる仕事の幅が広がります。資格を持っている事で、手当なども付くので転職や就職にはとても有利な資格と言えます。教育訓練給付制度を活用すれば、講習費用の2割程度が補助される為、実際の講習費用よりも安く受講する事が出来ます。一度取得すれば更新する必要が無い為、更新費用なども掛からないのですが、長期間業務から離れていたりしてブランクがある人などは、技術面と同時に関係法令の改訂などを学ぶために、任意で講習を受ける事も大切です。

フォークリフトを上手に運転する方法

フォークリフトは、その車両によって運べる荷物の重さが違い、間違った扱い方をすると大きな事故に繋がります。荷物を載せてあるパレットの材質や大きさにによって、どれだけ耐久力があるかを判断する事も大切です。フォークリフトは、普通自動車と違い後輪操舵と呼ばれる造りで、ハンドルを動かすと後輪が動く仕組みになっています。慣れるまでは後輪のがはみ出して荷物にぶつけてしまたりしまう為、大きくハンドルを切らずに後輪の動きに注意しながら作業をすると上手に運転する事ができます。

フォークリフトは、車両後部にカウンターウェイトという重りを乗せることで、重い荷物を持ち上げてもバランスが保てる仕組みになっています。

PAGE TOP