生地や柄も確認すれば部屋の雰囲気も変わります

どの場所へ取り付けるのか

そろそろカーテンを変えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。カーテンの選び方でただの遮光だけではなく、部屋のインテリアとして雰囲気作りにもなります。最近は柄や様々な生地の種類が有り、リビング・寝室・子供部屋等と各部屋に自分好みのカーテンへ取替えることによって、その部屋の空間を色々と演出出来るでしょう。リビングには家族が集まりますのでくつろぎを与え、寝室には少し厚手の物で夜間に光が入らない様にすることも可能です。

日差しを遮るのか遮断するのか

直射日光等を遮る様な遮光カーテンから、日中でも外の光が入らない様にして部屋内を暗くすることも可能です。その為にはどの様な色や柄・生地にするかを良く検討しましょう。また、ただ単に暗めのものを使用するのではなく、部屋内のアクセントとしても使える様な、インテリアの要素を取り入れように考えなければなりません。良く部屋からは外が見えるので厚手ものを選ぶ傾向にありますが、一度自分で外から眺めて観るとそこまで部屋内が見えないことに気付かれると思います。

防音や省エネ効果も発揮する

カーテンの選び方で防音や省エネが可能なタイプも販売されています。特に夏場は外の熱気を窓から防いで冷房効果を高め、電気代を節約する種類もあり、また、冬場にはその反対に中の暖かい空気を逃がすことを防いでくれるタイプもあります。その為にはただ厚手の物ではなく部屋内の雰囲気に合う物で生地や柄を選ぶようにしましょう。この選び方で防音効果も発揮できますから充分に検討するようにして下さい。単に色合いだけで選ばないようにしましょう。

ひもカーテンは布ではなく、たくさんの糸を垂れ下げたカーテンのことで、部屋の間仕切りや、照明や窓の装飾などに広く使われ、おしゃれな住居空間のアイテムのひとつになっています。

PAGE TOP